トラジャル先生ブログ
先生最新ブログ

« 学内接客コンテスト | トップページ | 夏休みは旅に出よう! »

2019年7月31日 (水)

テーマパーク学科のアツい夏

主役はわたしだ!!と言わんばかりに

太陽がメラメラと本気を出してきましたね。

 

猛暑!

みなさまいかがお過ごしですか。

熱い日差しに負け肌が日に日に黒くなり、このままいくと誰もわたしだと気づいてくれなくなるんじゃないかと心配している

テーマパ―ク学科の西岡裕子です。こんにちは。

 

 

学校は前期授業が終わり夏休みに入りました。

 

テーマパークスタッフ科の学生たちは

全国各地のテーマパークで実際に働き現場経験が在学中からできちゃう夏季企業実習がスタート!

 

憧れだったテーマパークのスタッフの一員になった!と嬉しそうに働くみんな。

夢が叶った喜びは暑さなんてなんのその!

この炎天下、汗を流し働いている姿を見て

がんばれー!!

…と思う反面、みんなの第二のおとんとおかん、先生たちはちょっぴり心配。

お水たくさん飲んで、ごはんたくさん食べて、夏を乗り越えてね!

帰ってきたら、涼しい校舎でお土産話たくさん聞かせてね!!

 

そして

ダンス・エンターティナー科の皆はというと…?

 

Img_9152

ん…?

Img_9153

 

んんん…?

 

 

夏休みというのに、

学校のスタジオでレッスン中?

いつもの和気あいあいとした自主練ではなさそうです。

 

Img_9155

 

そうです、

エンタメ科の皆は2ヶ月後に迫った舞台出演のお稽古です。

 

ダンス・エンターティナー科では

毎年9月にプロの役者さんが出演する舞台にダンサーとして出演します。

 

1年生の中には、入学してからダンスを始めた初心者もいます。

ですが皆が挑むのは学生の発表会ではありません。

プロの舞台。振付や構成、演出も容赦ありません。

 

テーマパークで輝くダンサーになるには、まずはオーディションを突破する必要があります。

ダンスのスキルはあっても、緊張の中、自分を「表現」しきれるか、が大事。

 

オーディションを突破し夢が叶ってからも、

テーマパークのパレードやショーは季節ごとにテーマが変わります。

変化していくテーマに沿って世界観を「表現」し続けるチカラがないとテーマパークダンサーにはなれません。

 

「ダンサー」として、「登場人物」として

舞台の上に立つ責任をしっかりと果たせるか。

その作品の世界観を壊さず、シーンを表現できるか。

ひとりの登場人物になりきれるか。

日々変わる演出に対応できるか。

 

などテーマパークダンサーになるためのチカラを、

舞台公演を通じて手に入れていきます。

 

 

みんな必死に踊ります。

 

テーマパークスタッフ科の夏季企業実習、

ダンス・エンターテイナー科の舞台公演出演、

 

これは大阪テーマパーク・ダンス専門学校だけの特別カリキュラム!♪

 

アツい夏になること間違いなし!!

 

 

みなさんも、アツ~い夏を過ごしてくださいね。

そして、ぜひ学校に遊びに来て、アツい思い出話聞かせてね!

オープンキャンパスで待ってます☆

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪
ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪(スマホ)
大阪ブライダル専門学校
大阪ブライダル専門学校(スマホ)

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

page top